読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* 韻律学 Metrik ゲーテ「ファウスト」 第二部 第一幕 より

 

・4728~5064行 :

 この箇所は対話形式の韻文で書かれ、4-5の揚音・強音が自由に、あるいは、相互に繰り返されていく。。

*4955行 ~ : 皇帝の 玉座の間にて:

天文博士 :Astrolog 、(但し、メフィストフェレスも小声で同じ言葉を後から繰り返し、しゃべっている。)

 おしなべて 太陽が 純金と いたしますれば 

水星・メルクーアは そのお使い役にて 寵愛と 給金を 当てにして 働き

金星夫人・ヴェーヌスは 誰彼となく 周りのものを 惑わし

朝な 夕な 色目を 送っているので ございます

また 月・ルナは まだ 情けなど知らぬ 我儘な 小娘でして

軍神の 火星・マルスは その威力で 脅かしますが

木星・ジュピターは それは 美しいもので ございます

ですが 土星・ザトゥルンは 馬鹿でかい とは申せ 遠くに 見えますゆゑ 小さいものでして 目方は 重くも 値打ちは 軽いのと 同様なので ございます

ですから もとより 太陽神・ゾルに 月姫・ルナが 寄り添えば 金と銀とが 並びますゆゑ 

世界は この上なく 明るく 陽気になり

こうなりますれば 手に入らぬものなど ありますまい・・・

          ***

4971行 ~:

*Kaiser :  皇帝

なにやら 云っている言葉が 二度づつ 聞こえてくるが

されど 納得は できかねる・・

*その場に 居合わせた者の 呟き :Gemurmel

それが どうだって いうの 戯言に 黴が ついたようね

まるで 暦売りの 口上か 錬金術師の 口真似そっくり

これまで 何度 聞かされたことか そして そのたびに 何度 騙されてきたことか あれもまた まやかし者に 違いないのさ

   ***  

Die Sonne selbst, sie ist ein lautres Gold,

Merkur, der Bote, dient um Gunst und Sold,

Frau Venus hat's euch allen angethan.

So fruh als spat blickt sie euch lieblich an;

Die keusche Luna launet grillenhaft,

Mars, trifft er nicht , so draut euch seine Kraft.

Und Jupiter bleibt doch der schonste Schein,.~4961..

 

 

*ゲーテ「ファウスト」 真夜中より 承前

 

*Entferne dich :さっさと 立ち去ることだな 用はない (Faust)

*Ich bin am rechten Ort:  いいえ 居させてもらうわ 此処に          (Die Sorge)

ファウスト: (始めは 怒りが込み上げてきたが、やがて、気を静めて) ならば 呪文は 金輪際 口にせぬことだ

憂い: わたしの声は 耳からではないわ 直に こころに 響くのよ これまで 姿を 代えては 人を 怖らせてきたものよ

わたしには 不安が いつも 付き纏っているものだから 何処にいても 捜してくれる 者好きは いないけれど 見つかるのも 簡単なのよ まして 呪われたりもするけど 世辞も 云われたりするわ あなたには 憂いなど 無縁だったとでも 云いたいのかしら    ( ~11432行 ) 

*** Stets gefunden ,nie gesucht

  So geschmeichelt  ,wie verflucht.

Hast du Die Sorge nie gekannt ?.......

 

 

 

 

*ゲーテ「ファウスト」 第二部第五幕 真夜中 より

・真夜中に四人の灰色の女が来て、ファウストの棲む宮殿から、第一の女《不足》Mangel、第二の女《罪》Schuld、そして第四の女《苦しみ》Nothの三人は、受け入れてくれないものと観念して去ったあと、鍵穴からそっと入り、残ったのは第三の女《憂い》Sorgeである。

・11398行 :ファウスト: Im Pallast  より

 四人来て 三人帰ったな

 話の意味は よく 聞き取れなかったが 

 余韻のように ノートNoth(苦しみ)  という言葉は 

 耳に 残っている そして そこに

 押韻するように 陰気に 聞こえたのは

 確か トート Tod(死) という 言葉だった

 それはともかく 虚ろで 妖怪じみた にぶい

 声には 違いなかった おれは まだ 

 本当に 自由な世界に 到達できたとは

 思ってはおらぬ だが おれは ただ

 行く道から 魔法は 遠ざけて 呪文は

 御法度に したいだけなのだ そして

 自然の中で 人間として 立ち 

 本当の 生きがいとは 何か 感じたいのだ

 おれは これまでは 確かに 暗い魔法に

 足を 踏み入れたり 冒瀆にも 身も世も

 言葉で 呪ってみたり してきたのは 間違いない

 だが  今のわたしは どうしたら そこから 

 解脱できるのか 分からぬが 稀に 一日だけでもいい

 昼には 晴れやかな 微笑みを 抱き 夜には 

 そんな 虚妄の網から 抜け出せることが 

    できればと 思う  しかし 事実は 

    それとは 裏腹に 早春の野を 

    楽し気に 見て帰っても 鳥が啼けば 

   キョウ >>>>...と 聞こえてくる  そんな風だから 

  明けても 暮れても 迷信に付きまとわれ 

怪しい蔭や そんな兆しに ひとり 

怯えてばかり いるのだ

・・・ うぬ 門が かたりと 音をたてたな

誰か そこにいるのか?... 

*11421行 : 憂い Die Sorge

ノーとは 云えないわね 気づかれてしまっては・・

ファウスト: 誰だ お前は 

・憂い : とにかく ここに 来てしまった者よ

ファウスト : さっさと 立ち去ることだな 用はない・・

     ***

Vier sah ich kommen, drey nur gehn,

Den Sinn der Rede konnt' ich nicht verstehn,

Es klang so nach  als hiesse es  <Noth>

Ein dustres Reimwort folgte  <Tod>.

Es tonte hohl, gespensterhaft, gedampft,

Noch hab ich mich ins Freye nicht gekampt.

Konnt ich Magie von meinem  Pfad entfernen

Die Zauber-Spruche ganz und gar verlernen......~11406..

   ***「ファウスト」 第二部第五幕 真夜中 より

 

 

*韻律学 13 ゲーテ「ファウスト」 第二部第三幕 より

9435- 41行: Faust;

 このファウストの台詞は古代ギリシアのトリメーター、即ち、3音格詩で書かれている。

この不届きな 邪魔者めが 厚かましくも 押し寄せてきたか

 こんな 非常なときに 無意味な 騒ぎは 許されまいぞ

 どんな 美しい使者も 悪い便りを もたらすものは

    醜いもの  それなのに

 おまえときたら なんという 醜女か いつだって 

  悪い便りばかり 携えてくる 

 だが 今日は 気の毒だった 骨折り損の

   草臥れ儲け というものだ

 Verwegne Störung !.. wider-wärtig dringt sie ein,

    Auch nicht in Gefahren mag ich sinnlos Ungestüm,

   Den schönsten Boten Ungücks-Botschaft haßlich ihn,......../

         *Aus; Goethe Sämtliche Werke 18-1,

              Letzte Jahre 1827- 32        

         Hanser  Münchner  Ausgabe 1997.

     Kommentar  Faust Ⅱ-3.Akt.  Metrik  S. 945ff..... 

 

*韻律学 ⒓ メフィストフェレスの闖入 ゲーテ「ファウスト」第二部第三幕 より

・9419- 34行: Phorkyas

次のフォルキアスの台詞は、トロケーウス、揚抑・長短格の4脚で書かれ、パロディー化しつつ韻を反復している。zB.21行までは3回、9422行以下は3行ごとに5回、韻を踏んでいいる。例えば、こんな風に:Fiebeln-Liebeln-Grubelnと3回、そしてZeit- weit-Streit- Geleit-bereit,  ...       usw....

ところで、この幸福なヘレナとファウストのまたとない運命の出会いの一瞬に闖入してくるのは、実は、悪魔フォルキアスに扮したメフィストフェレスである。

9413 ~ :

   恋のいろはの 手習いも 結構!..

 戯れつつ 色恋の 穿鑿(せんさく)も するがよかろう

 そして 穿鑿しつつ 暢気(のんき)に 色恋を するがいい

 だが いまは そんなときでは あるまい

 遠雷の 轟く音が 耳に入らぬわけでも あるまい

 ラッパの 高らかな 響きが 聞こえぬわけでも なかろう

 破滅が 目の前に 迫っているのですぞ

 メネラス王の 大軍が 

 攻め寄せて 来ているではないか

 激戦は 必至!.. 決して 避けられは しないのですぞ

 絶世の 美人との 戯れた 時間のロスには

 四面楚歌は 必定!.. 勝ち誇る 軍勢が 相手では

 ダイフォブスのように 斬り刻まれて しまうのですぞ!!...

                ***

*Daiphobus: ダイフォブス

       ギリシア神話。スパルタの王子・パリスの弟で、兄の死後、ヘレナと結婚し、メネラスに殺された。

(*因みに、パリスはメネラスの妃・ヘレナを奪い、その為、トロヤ戦争が起きた。)

         9422- : Doch dazu ist keine Zeit.

                     Fuhlt ihr nicht ein dumpfes Wettern ?

                     Hort nur die Trompete schmettern,

         9425-:  Das Verderben ist nicht weit.

                     Menelas mit Volkes-Wogen

                     Kommt auf euch heran-gezogen;

                     Rustet euch zu herbem Streit !...        usw...  

 

*韻律学 Metrik  ⒒ 「ファウスト」 第二部第三幕 より

前回はヘレナとファウストの愛の告白の場面だったが、それを讃える合唱部,Chor:9385-9410行は、トリアーデ、即ち、1.シュトローフェ2.アンチシュトローフェ、そして3.エピシュトローフェの構成で書かれている。

・9401~

 お二人は 次第に 

 身を 寄せあい 

 立派な 玉座の間で 

 肩に 肩を 寄せ 膝と膝を 

 つき合わせ 手に手を とりあい

 たがいに 凭(もた)れあいながら

 お座りになって いらっしゃいます

 そして お上にも お控えに なられることなく

 秘かな お愉しみに なられ

 人目も 憚ることなく 

 隠さず お見せになって いらっしゃいますのね・・

    ***

       Nah und naher sitzen sie schon

      Aneinander gelehnet,

    Schulter an Schulter ,Knie an Knie,

     Hand an Hand wiegen sie sich

         Ueber des Throns.....

 

 

*韻律学 Metrik 10 愛の告白 「ファウスト」第二部第三幕 より

*9377- 84行 :Helena und Faust

 

  この箇所はヘレナとファウストとの愛の告白の場面で、毬を互いに投げあい受け取るように、言葉と意味を交わしながら、二人の心がやさしく結ばれてゆく。韻はヤンブスの5脚で、無韻のブランクフェルス、そして脚韻はパールライム、即ち、aabbで書かれている。

 ・ヘレナ :ねえ どうすれば あのように 美しく お話しできるのかしら。

 ・ファウスト: それは ごく やさしいこと つまり 言葉は 心から 発するのです そして 胸に 恋しい憧れが 溢れ出たら 振りかえりみて 問うがいいのです

その楽しみは 誰と?...

 ・ヘレナ : 互いに 享受しているのかと・・

 ・ファウスト ;来しかた ゆく末は もはや こころからは 消ゑて ただ あるのは 今 この時だけが

・ヘレナ : ふたりの 幸せ なのですね

ファウスト: その通りです この刹那こそ 愛という 貴く 気高い 授かりものを 享けているとき・・

ところで 愛の担保の 裏書きを してくださるのは どなたですかな ?.・・

       ・ヘレナ: もちろん わたしの 手によって・・

 Vgl. zB.

 So sage denn, wie sprech' ich auch so schön ?..

 

        Das ist gar leicht,  es muss von Herzen gehn.

Und wenn die Busen von Sehnsucht überfliesst ,

    man sieht sich um und fragt

                           Wer  mit geniesst?...