HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

W. ラーベ抄 : 人と作品

*「饅頭男」が誹謗と中傷の弁護をする : W.ラーベ抄 ⑪

私はこうして、25 歳で発表した処女作「雀横丁年代記」以来、二十代には19篇、三十代 には17篇、四十代では16篇、五十代では10篇と発表してきたのだが、中でも、60歳の時に書き上げた「シュトップフクーヘン」(饅頭男)*44は、ある意味でその頂点に達しえた作…

* リンコイスのように : ラーベ抄 <了>

完成をみた作品で最後のものとなったのは、今から10年前に発表した「ハステンベック」*49 だったが、これは歴史小説で7年戦争を扱ったものだった。その後、同じ年にもう一篇「アルタースハウゼン」*50という作品を書きはじめたが、これは然し、未(いま)だに…

*"無心になれ!..." 「フォーゲルザングの記録」 より W.ラーベ抄⓬

さて、わたしは30歳で婚約し、結婚したのが31歳だったが、前にも述べたように、私には四人の娘がいたのだ。因みに、長女が誕生したのが32歳のときだった、また、次女は私が37歳のときに、三女は私が41の時で、四女は 45歳の時の子だったが、中でも、四女のゲ…

*時代の波と「古巣」など : W.ラーベ抄 ⑩

ところで、この「ホラッカー」を発表した年は、三女のクララが72年に誕生した4年後のことで、それは 末娘のゲルトルートの生まれた年だった。そして、私にはもうひとり次女・エリーザベトがいて、彼女はわたしが37歳の時のシュトゥットガルト時代に生まれた…

*ペシミスティック的時代には、ユーモア を : ラーベ抄 ⑨

さて、ブラウンシュヴァイクで過ごした40代は、時はちょうど、ビスマルク帝国の時代であったが、彼の権力主義的政治には危機感を抱いていたものだった。というのも、その商業主義的政策や産業化の波は、人の魂を打ち砕く以外、なにものでもないように思えた…

*30年戦争とナポレオン戦争を背景に : 「モミの木のエルゼ」

処で、「飢餓牧師」と「アブ・テルファン」との間に8篇の短編を書き残している。その中では次の二篇がよく読まれてきたのだ。つまり、「樅の木のエルゼ」*28 と「勝利の蔭かげで」*29 の二作品だが、前者の作品では、30年戦争を背景にして、また後者ではナポ…

*憎しみでなく、愛するために :「飢餓牧師」:ラーベ抄 ⑦

それはそうと、この62年から70年までのシュトゥットガルトで過ごした30代の8年間は、いま思い出しても、いちばん幸せな時期といってもよいものだった。というのも、それまでにない解放感を味わえたからで、それに加えて、書くことにこころより打ち込めたから…

*オランダの独立戦争と 「黒いガレー船」など ラーベ抄 ⑥

私はまた、ヴィーンやミュンヒェン、そしてシュトゥットガルトにも旅してまわったのだが、そこではヴォルフェンビュッテルとは違って、はるかに自由な世界を知ることが出来たものだったのだ。なかんずく、シュトゥットガルトは後に、31歳の時に、わたしがヴ…

*「ライラックの花」とゲットー : W.ラーベ抄 ⑤

それから、28歳のとき、南ドイツに旅をしたのだが、これは人生経験をどれほど、豊かなものにしてくれたことか。この旅によって、地方の文化や市民生活に肌で触れることが出来たし、人の歓びを目の当たりに感じることができたからだ。 また、ライプツィッヒや…

*批評家ヘッベル氏から、お褒めの言葉をいただく: ラーベ抄 ④

これ(*「雀横丁年代記」)は承知のように、今の私のような老人が、過去を振り返りつつ回想していくスタイルで書いたもので、ベルリーンの裏横丁の錯綜とした小市民の運命と日常を、時代の運命を重ねることによって、ユーモアとペーソスをまじえて書いていたの…

*一条の星の光が、煌めいていた: W.ラーベ抄 ③

・さて、これまでに書いてきた作品に、わたしの生涯のすべてを投入してきたのだが、そのため、書くためにすべてを犠牲にしてきた、といえなくもない。だから、一市民としての生活は、一種の擬態のようなものであったろう。つまり、老いたあのブロテウス(*変…

*「雀横丁年代記」とW.ラーベ ➁  

ところで、わたしの初めての作品は、54年の11月15日に書きはじめた「雀横丁年代記」*⑤なのだが、その文頭で、こう書き記した ものなのだ。: 「実に、嫌な時代である。」*⑥と。 だが、そこに記したモットーは、わたしの書いてきた長短68篇あるすべての作品に…

*「笑ひへの道」*① : W. ラーベ抄

身を屈(かが)めよ 山々 伸び上がれ 小さき谷よ 邪魔しないでおくれ 愛(いと)しい女(ひと)に 逢ふのを* 「フォーゲルザングの記録」より わたしは31年生まれで、今年、78歳になった。すでに、数年前に筆を絶ち、今では、ほんの僅(わずか)な人に知られているに…