HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* 韻律学 Metrik  5. ゲーテ「ファウスト」 第二部 第三幕 「ヘレナ」 より 

*9078- 9121 行 :合唱 より この箇所も前の合唱部と同じ構成から成り立っている。即ち、1.フォア・シュトローフェと2.シュトローフェ、3.アンチ・シュトローフェ、そして4.エピ・シュトローフェである。 9099行 ~ 3の箇所 から :-- けれど おや 遠…

*韻律学・Metrik 4.  ゲーテ「ファウスト」 第二部 第三幕 「ヘレナ」より 

* 8882- 9808 行 :合唱部 この箇所は4節よりなり、1.Vor-Strophe 5行と、2.シュトローフェ8行、3.アンチ・シュトローフェ8行、4.Epi-Strophe の6行からなる三和音である。(*因みに、4.のエピ・オーデ Epi-Odeとは、ギリシア劇における末段のこ…

*フォルキアスの娘たち 「ファウスト」 第二部・第三幕 8728- 8748 より

・フォルキアスの娘たちの中の 誰なの おまえは わたしは おまえを あの醜い姉妹に 比べてみたわ 嗚 生まれながらの 白髪で 代わるがわる 一つ目と 一本歯を 使ったという フォルキアーデンの 娘たちのひとりなのね おそらく その姿からみて・・ Bist du vie…

*韻律学 Metrik 3 ゲーテ「ファウスト」 第二部 第三幕 より (承前)

・スパルタのメネラス王の 宮殿の前 Vor dem Pallaste des Menelas zu Sparta *8697- 8753 行 より ・この合唱部の箇所は、9節からなっていて、1と2はそれぞれ5行づつ、3と4はそれぞれ6行づつ、そして5節目はメソーデといって、中間節となっており、…

*韻律学 Metrik 2. ゲーテ「ファウスト」 より

*第二部 第三幕 ヘレナ (承前) ・次の合唱部の歌は、全体がトロケーウス (抑揚・長短格)のリズムで書かれている。 未来に 起こることは 何も わからないわ お妃さま ご安心あそばして お城へ いかれますよう よいことも 悪いこととも 予期せぬときに 訪れる…

*韻律学・Metrik ゲーテ「ファウスト」 第二部 第三幕 より

*スパルタのメネラス王の宮殿の前 この場面全体は、古代ギリシア悲劇の音韻形式、すなわち、短長・抑揚格(ヤンブス)のトリメーター(3音格詩)でかかれているが、つぎの箇所は短短長・抑抑揚格のアナペストとヤンブスからなる4揚格、あるいは、ときには 2揚…

*ディオゲネスに関する逸話 アネクドーテ   クライスト奇談集 より

古代ギリシアの哲学者として知られるディオゲネスは、ある時、尋ねられた。 「死後に埋葬されたいところは、どんなところでしょうか・・」 すると、彼が答えて云うには、「野原の真ん中でよかろう」 「えっ!..なんですって?..」と誰かが言った。 「えっ、そ…

*アネクドーテ ⑧ 「ナポレオン軍遠征に関する逸話」 クライスト より

「1809年、皇帝軍遠征に付き従いて」( ルードルシュタット宮廷出版 )と題された書物のなかで、ナポレオン皇帝に関して、次のような逸話が記されている。 それによると、作者はナポレオンの力量に憐憫の念を感じつつ、こんな奇妙な一例を伝えているのである。…

*或る転轍手の冒険   アルトマン より

⑴ U.P.鉄道の或るポイント切り替え人の責務はおおきかった。固より、彼には人命に対して、重い責任が課せられていたからに他ならない。 ⑵ だが、この彼はいつも、一冊の愛読書を携えていて、その習慣は10年来、変わってはいなかった。そして、また、彼が読む…

*ボヘミアニズムと市民気質

青春小説「トニオ・クレーゲル」以後、「魔の山」Der Zauberberg ほか数々の大作を書いたT.マンには、小説家としてのボヘミアニズムと市民的勤勉な精神が共存していた。 これに共感をおぼえた「雲のゆき来」ほか多くの作品で知られる小説家、並びに評伝作家…

*バラード Ⅱ 「義足の老人」 ランゲッサー

何枚もの 薄板を 抱えて 老司祭が 歩いてきた 見れば 片方の 眼からは 血が 滲み 泪も 混じり 時折り 拭う 神よ 老司祭も ダッハウの 犠牲者なのでしょうか ?... 老司祭は 手廻しオルガンを 携え 総理官邸に 向かい そこで モーセの十戒を しずかに 説いてい…

*バラード Ⅰ ゴグとマゴグ  ランゲッサー

総理官邸には 防空壕があった その円天井は 重荷に 耐えかねていた 噫 すべてが去り 終末は 来たのだ これで 肩の荷が 降りたという 認識 !... あの血なまぐさい 粥状の液が 流されることは ないのだ だが その刹那 甲高い声が 響き渡る もう たくさん !!...…

* 乙女の祈り  メーリケ

星は きらめき 鶏の鳴く 朝まだき 乙女は かまどに 火を おこす 炎のかがやき うつくしく 火花が 飛び散り 覗いては 乙女の 悲しみ ますばかり そも 乙女の 胸に 夜中に こつぜん 顕れいでし 彼が夢の 思ひの深き なればこそ すると 泪が あふれ ぽたぽたと …

*マスケット銃物語 ベルゲングリューン短篇 より

ティーフェンバッハ伯爵の率いる歩兵部隊に、階級を落とされた二人の下士官が仕えていたが、ひとりは第一連隊のコロニで、もう一人は第三連隊のヤストゥルツェンボーヴィッツであった。この両者は常に、いがみ合っていたが、その原因はいつしか、忘れられて…

* 金色の 乙女   クローロー

金色の 髪長き 乙女が 窓辺で リートを 高らかに 歌ひ 庭に 薔薇が 咲きみだれ 通りで 遊ぶ 無辜の 子らは 光を受け 戯れる 鳩は 撒かれた 菓子を 啄(つい)ばみ 女の子らは 遊戯をし 男の子らも 光のなか 走り廻っていた けれども いつしか 窓が 閉じ リート…

*奇(くす)しき 薔薇

バラの香りの 愛(いと)ほしく 息吹の 真っ赤に 燃ゑしとき 噫 愛しき バラの香よ ! そは 聖母マリアの 御慈悲により バラは 奇しき薔薇となり されど タンポポの 花咲き 終わるや そが冠毛は 風に舞ひ 四散して 遠く 近くに 着きしなり されど そが 繰り返し…

* 唱歌 鳥のさえずり   ズィーモン・ダッハ

衝動に 駆られたように 森にゆくと 森は 鳥のさえずりで 辺りいちめん 響き渡っていた さあ 無辜の子らよ 純朴なる 民よ おまえたちの メロディーの なんと 爽やかなことか 愁いなく 善きこと 神を讃え 早朝から 夜おそくまで いそしみ 励み 啼きつづける お…

*ブナの森?..ダッハウ?..それとも、 ランゲッサー短篇 拙訳から 

「それにしても、あそこの老紳士は何を話しているのだろう。・・誰かが処刑されたとか、三度の鞭で首が飛んだとか・・」 ベルリンを貫流しているシュプレー川にあるトンネルは、占領された折り、一部の狂信者により、2,3週間ほど前、水浸しにされてしまった…

*夏は夜。。 「枕草子」より

Im Sommer ,ich mag die Nacht gern, nicht nur wenn der Mond scheint, sondern das Dunkel auch, als die viele Gluhwurmchen einander die Wege in ihren Flugen kreuzen, oder als es regnet auch ...... ・夏は夜。 月のころはさらなり。 闇もなほ。 蛍…

*ウクライナの女 リーディア ランゲッサー短篇選 拙訳より 

「ねえ、あなた、あのヒラメのこと、まだ覚えていらして?..」と私は訊ねてみたが、いいえ、とロベルタは云うのだった。 「でも、忘れるはずないわ。大きなヒラメ焼いたでしょう?..」こう云ったにも拘らず、ロベルタは、覚えていないの、と繰り返すだけであっ…

*カッコウと負傷帰還兵  ランゲッサー短篇 から

カッコウが啼いている。その啼き声は、辺りに響きわたり木霊している。すると、その啼き声に目ざめた夫は、かれは負傷帰還兵なのであったが、手足や体を思いきりの伸ばすと、心地よさそうに呻き声をあげた。そして傍らの妻の手をつかもうとした。だが、妻は…

*Notes on an story: Fragment  .断章

*Then ,your father loves to read this book,doesn't he ?... Yes, he does. I think so. And this book is one of his collections of books and the one in the complete works of Kanzou Uchimura... Does your father study that sort of books well ? …

*夜と泉 インモースさんとニーチェの詩から

・ニーチェの詩にこんなのがある。これはECCE HOMO,つまり「この人を見よ」の中のツァラトゥストラの項にあるものである.(訳は手塚富雄) 夜だ ほとばしりでる泉は 今みな 声を高めて 語る そして わたしの魂も 迸りでる 一つの泉だ 夜だ 愛を持つものたちの…

*比喩としての銀杏の葉 ゲーテの詩から

83年という長い星霜の、その大半を休むことなく精力的に活動しつづけたゲーテだが、ゲーテの晩年(65歳)の詩に、銀杏をうたった一篇がある。 約250篇からなる「西東詩集」West-ostlicher Divan のなかの一篇で、こんな詩である。 東方の国から はるばる わが…

*意識的な散文  《西東詩集》覚え書き ⑥

ゲーテの晩年になった「西東詩集」は、詩的様式が散文に著しく近づいていった。そこには体験内実と表示される意識との間に、<距離>があったからである。故に、そこでは半ば抒情的に教訓が語られるという表現形式が多々見られるのである。言い換えるならば、…

*頼山陽の放蕩

*聞くところによれば、頼山陽は日本三大神経衰弱作家の一人だといわれる。他の一人は云わずと知れた漱石であり、もう一人はかの有名な歌人、藤原定家だというのだが、これに加えて、現代作家では「四季」や「雲の行き来」ほか、江戸時代の松前藩家老で文人画…

*「ヤーコプについての推測」  ヨーンゾンより

1934年、現ポーランド領のカミンに生まれたウーベ・ヨーンゾンのデヴュー作となった「ヤーコプについての推測」はこんな内容である。; 1956年11月の或る日、霧の中で28歳の鉄道保安員ヤーコプ・アプスはドレスデン駅のプラットフォームで機関車に轢かれた。…

*第二の青春 マリアンネ 「西東詩集」覚え書き ⑤

ゲーテ晩年になった「西東詩集」の萌芽として、新たな恋愛対象として出逢ったマリアンネ・フォン・ヴィレマーがいる。このマリアンネはズライカとして「西東詩集」に重要な形姿として現われてくる。つまり、そこには最後の恋愛体験としてのマリアンネ体験に…

*「昇天の憧れ」Selige Sehnsucht   「西東詩集」 より ④

ところで、ペルシア的東洋の中に、東洋の人間的中心として一人の崇拝者たるハーフィスを見たゲーテは、そのハーフィスに懐かしさを感じる。*** 誰にも 告げるな 賢者のほかは 衆愚は すぐに 嘲笑ふから わたしは 讃えるのだ その生きものを 炎に 焼かれ 死を…

*「ヘジラ」 「西東詩集」ゲーテ ③

「西東詩集」はゲーテ晩年になった作だが、東洋はまさに族長的な世界の地であった。そして、それは瞑想的な老年ゲーテの気分に適合した。そのような現実性から隔たった避難所としての東洋にゲーテは親縁性を見たのであった。 巻頭の詩、ヘジラHegire(移住)は…