HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*「影のない男」の影とは・・「ペーター・シュレミールの不思議な物語」 から

 

これはドイツ人にもなれきれず、また故郷フランスも異国と感じていた詩人の話。彼はある時、新聞を手にし、O. von コッツェブーを隊長とする学術探検隊が近々、北極をめざし組織されたというニュースを目にする。すると彼は、友人たち仲立ちとなり、また、このコッツェブーの斡旋で、かねてからの願望が思いもかけず実現するのである。時は1815年の6月。。南太平洋、及び、世界全般におよぶ調査を狙いとする探検隊の随行科学者に任命されたのだが、こうしてブラジルやチリ、カムチャッカやマニラ、喜望峰、ロンドン、ペテルブルクと廻り、ロマンチックで放浪癖的な異国への憧憬を充分、満たしてくれる三年間を過ごすのである。そして、これは彼の生涯でもっとも、豊穣かつ、有益な時期であったのだが、これによって彼の精神は、種々なイメージと素材の無尽な宝に満たされ、後の文筆活動の基盤となっていくのである。 

 この髪を長々と垂らし、美形で上品な顔立ちをした長身な詩人、シャミッソーであるが、彼の全詩集は50歳の坂を超えた1831年になって、ようやく上梓された。そして、代表的な詩篇は「女の愛と生涯」Frauen-Liebe und Leben/であり、他方、小説では「ベーター・シュレミールの不思議な物語」Peter Schlemihls wundersame Geschichte/ であるが、この作品は、友人のフーケから、「旅に出て、すべてをなくしてしまったのではなかろう、影までも!?」と水を向けられたことが機縁となり執筆された男の奇譚であり、それに加え、別の機会に、ラ・フォンテーヌの書物を捲(めく)っていて、こんな場面に遭遇したことも動機となっているのである。つまり、極めて愛想のよい男が、或る席上で云われたものを何でも、たちどころにポケットから取り出して見せたのだ。そして、更に加えて、こんなことも切っ掛けとなる。それは、先の友人フーケの所領でのことである。> 

f:id:zkttne38737:20160822173239p:plain