HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* 後朝 (こうちょう) の別れ : 「枕草子」

   七月は、めっちゃ暑いのよね。なので、あちこち開け放して夜を明かしているのよ。満月の日など、真夜中に、よく目が覚め外を眺めると、素敵なものよ。闇夜もまた、捨てたものではないわ。有明の月も、実にいいのよ。

 でね、そんな有明のころ、人の気配がして、衣の下から見た女がいたのよ。と、男がほほえみ、鴨居に寄りかかり坐っているのよ。

「ああ、憎らしい、こんなところ見られてしまって」と思っていると、男は「ずいぶん名残惜しげな朝寝坊ですね・」と簾(すだれ)をあげ、身を廂(ひさし)の間に入れながら云ふのよ。

「だってね、朝一番に、置いてきぼりにされ、その方を憎たらしく思っていたのですもの・」

やがて、明るくなってきて、人の声など聞こえ、陽もさしてきて、霧も晴れてきても、"後朝の文"は杳として届かない。なので、女はやきもきしていると、やがて男から、手折った枝につけた文が届けられても、使者は差し出すのを憚っているのよ。

 "ああ、焚き染めた薫香の漂よふ文!.."と思っても、別の女にも、同じようなことをしているのだわ、と思ふと、めっちゃ、可笑しく思えたことかしら。。。

清少納言は想像を逞しく、書いているのだが、

 当時の貴族社会は、男女の交際が、かくも開放的であったには違いないのである。      第33段  より

  ***