読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*「アンティゴネー」  ソフォクレス 

 

ソフォクレスによって書かれ、前441年に上演されたギリシア劇「アンティゴネー」は、攻めよせた敵方の骸(むくろ)を葬(ほうむ)ることを禁ずる掟(おきて)に、敢然として逆らい、死に処せられるオイディプスの娘、アンティゴネーの悲劇だが、そこに出てくるアンティゴネーの有名な言葉がある。それはこんな言葉である:

「憎しみあうためにではなく、

         愛をともにするために、私は

                                  生まれてきたのです。

この人道的、寛容的精神性に富む言葉は、ドイツ語訳ではこんな風になる。

 Nicht  mit-zu-hassen ,

           mit-zu-lieben  bin  ich da !!.   ( 523行 )

 

 因みに、この言葉は、19世紀のドイツの作家、W.ラーベ,Wilhelm  Raabeの長編小説「飢餓牧師」Der Hunger-pastorのLeitwortとして、文頭に引用されており、よく知られた言葉なのである。                                    ***