読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*「笑ひへの道」*①  W. ラーベ抄

 

身を屈(かが)めよ 山々       

伸び上がれ 小さき谷よ       

邪魔しないでおくれ       

愛(いと)しい女(ひと)に 逢ふのを *

   「フォーゲルザングの記録」より               

わたしは31年生まれで、今年、78歳になった。すでに、数年前に筆を絶ち、今では、ほんの僅(わずか)な人に知られているにすぎない。つい先日のことだったが、ヘッセ氏*③が当地、ブラウンシュヴァイクに講演に来られた折り、訪ねてきてくれた。氏は20代後半に発表した「青春 彷徨」(ペーター・カーメンツィント)や「車輪の下」などで、すでに名をなしており、今は実に、盛りの、生命力にみなぎっ た32歳になる壮年作家である。その氏が、こんなことを書き送ってきてくれた*④のだが、ここに少しばかり紹介してみようと思ふ。:

  親愛なるW.ラーベ様 わたしは若かりし頃、あなた様の作品を拝読いたす機会がありました。が、それは半(なか)ば気に入りましたものの、また半ば、気に入らぬものでもありました。と申しますのも、あなたの作風は、あなた独自の入り組みようで、脱線の多く、さまざまな要素の入りまじった内実は、実に実体の捉(とら)えがたいものだったからです。もちろん、そこに出てきます一風変わった奇人の類(たぐい)は、わたしの心を直ぐに引きつけました。が、同時にまた、すぐに、心から離れても行ってしまったのです。私には縁遠い、どこか北ドイツ的なもの、それに何処か、市民的・愛国的なものは、それが私をまったく寄せ付けないものではないにしても、どことなく教師然とした様相が少なからず、想起されたからなのです。が、然し、それ以来、機会あるごとに読んでまいりました。すでに、10篇余りになりましょうか。すると、ようやく、あなた様の作風を私なりに理解できるようになったのです。わたしは今では、あなた様にこころから敬意を表しております。 あなた様は50年代から80年代にかけての、わがドイツの有様を、実に見事に、文学的に活写されておりますし、また、あなた様は、実に、空想豊かな物語作家であり、粘り強い批評家であり、不撓不屈(ふとうふくつ)の心やさしき、わが国民愛好者だからです。あなた様の書かれたものは、ゆたかなユーモアに富み、ペーソスに富み、そして人間愛に溢れた眼差しで庶民の生活と運命を見つめておられます。あなた様の作品は、これからも末永く読み継がれ、おそらく、真に偉大な作家の一人となられることでしょう。わたしはそれを心から確信しておりますし、また、そう願ってやみません。作家伝「W.ラーベ抄」 

 ( 注 )  :

*①Der Weg zum Lachen,   1857.ラーベ、26歳の作。

*➁身を屈めよ、山々、---Erhebt euch , ihr Taler ,  Sinkt nieder , ihr Hohn;   Ihr hindert mich ja, Meine Liebste zu sehen ;--

  (Aus: Die Akten des Vogelsangs ,   Wilhelm Raabe,        dtv.  1981. S.100.)

*③・H.ヘッセ---: Hermann Hesse , 1877-1962,

  南独のシュヴァーベンの小さな町カルプに生まれた。書店員をしたこともあり、独学で文学を学び、詩作に努めた。1904年「ペーター・カーメンツィント」を書き上げると、一躍、人気作家となったが、大都会には出ず、9歳年上のベルヌーイと結婚するとライン河畔の寒村で創作に専念した。Peter Camenzind,  Unterm Rad , usw... などの作品がある。    

*④・・1909年、ヘッセは32歳の時、講演のためブラウンシュヴァイクを訪れたことがあったが 、こで78歳になった最晩年のラーベを訪問した。この時のことをヘッセは後の1933年に書き記しているのだが、実際には、書簡で書き送っているわけではない            

   f:id:zkttne38737:20151028083053j:plain"