HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*時代の波と「古巣」など・・ W.ラーベ抄 ⑩

 

ところで、この「ホラッカー」を発表した年は、三女のクララが72年に誕生した4年後のことで、それは末娘のゲルトルートの生まれた年だったが、私にはもうひとりの娘、次女・エリーザベトがいて、彼女はわたしが37歳の時のシュトゥットガルト時代に生まれた子だったのだよ。 

 さて、こうして娘たちに恵まれて私は幸せものだったが、話を戻すと、わたしは40代も後半になると、「古巣」*38 を発表していた。そして50代になると、三つの作品、つまり、「プリンツェッスィン・フィッシ」*39、「プフィンスターの水車小屋」*40、そして、「不安な客たち」*41 といった 作品を書きあげていたものだったが、それらのなかで描いてみたかったのは、こんなことだったのだ。:つまり、世の中とはいったい、人間の心の奥深くとどうかかわっているのか、ということだった。--:例えば、「古巣」でいうと、<主人公は子供のころの懐かしい思い出の城が、時代の波に晒(さら)されて投機の犠牲になり、廃墟と化してしまうのだが、アメリカに移住して現実感覚を身につけ、帰郷した彼はこの昔の土地を買い戻し、積極的に生きていこうとする>のであり、また他方、「プフィンクスターの水車小屋」では、<工場排水の悪臭が原因で客足のばったり途絶えたレストラン経営者が主人公なのだが、彼は竟に、公害訴訟を起こして勝訴したものの、やがて小屋は壊されるも、結局は化学工場になっていく>時代の波と運命に服するより仕方がなかったのだ。         

*38. 「古巣」  Alte Nester.     48歳の作。

*39. 「人魚姫」 Prinzessin  Fisch.    52歳の作

*40. 「プフィンクスターの水車小屋」 Pfinsters  Muhle. 53歳の作。

*41. 「不安な客人」  Unruhige  Gaste.    54歳の作