読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* リンコイスのように ラーベ抄 <了>

 

 完成をみた作品で、わたしの最後のものとなったのは、今から10年前に発表した「ハステンベック」*49 だったが、これは歴史小説で7年戦争を扱ったものだったのだ。その後、同じ年にもう一篇アルターハウゼン」*50という作品を書きはじめたのだが、これは然し、未(いま)だに出来上がってはおらぬ。というのも、中途のまま筆を絶ってしまったからなのだ。とはいえ、筆を絶ってから10年の歳月が経つのだが、幸いにも、いろいろな名誉に浴することが出来てのう。これは行く先の長くはない私のような年老いてきた者にとっては、どれほど有難く、そして慰めとなったことか。: 思えば、8年前にはゲッティンゲン、並びに、テュービンゲンの両大学から、図らずも、名誉博士号を拝受できたものだし、また、心身を安らぐため、ボルク島やニーンドルフへも旅することが出来たし、また、詩人のリーリエンクローン氏*51 との知遇が得られたのも良き想い出となっているのだ。 氏はその時、確か63歳で私より13歳ほど若かったと記憶しているが、私はまた、今年は近々に、レーゲンスブルクを訪れようかと思っているのだよ。そこには41歳になる次女のエリーザベトがおってのう、この娘夫婦に逢えるのを愉しみにしているのだよ。 わたしは今では、このように額(ひたい)にも、目尻にも皺(しわ)くちゃな老人となり、また、口髭(くちひげ)や顎鬚(あごひげ)は、さながら、雪のやうに真っ白くなってしまってゐるが、まだまだ、この二つの眼だけは確かなものと自負しておるのだよ。それゆゑ、わたしはこの確かな二つの眼でもって、この激動してやまぬ世の動きを、あのリンコイス*52のやうに、見つめていきたいと思っておるのぢゃよ。:この世の中が、薔薇のやうに明るく光り輝き、また、陽だまりのやうに温かく、ぬくもりを感じさせてくれて、愛と笑ひと歓(よろこ)びにみちた、幸せな世界になることを心から祈念しているのだよ。 (了)

       *附記

  ・ヴィルヘルム・ラーベは1910年11月15日、それは彼が処女作に筆を染めたのと、奇(く)しくも、おなじ月日であったが、逝去した。享年(きょうねん) 79歳であった。    

*49. 「ハステンベック」Hastenbeck  68歳の作。

*50. アルターハウゼン」Altershausen   68歳の作。

  但し、これはラーベの死後、1911年に発表された。

*51.  リーリエンクローン F. D. von Liliencron

 1844-1909...処女作は「副官の騎行と、その他の詩集」83. 音楽的で色彩的な印象主義の詩世界を展開した。

 *52. リンコイス・・Vgl. ゲーテの「ファウスト」第二部、第五幕の<夜明け>参照。 <俺は見るために生まれてきた。見ることが俺の職分だ。幸福な二つの眼よ、おまえの観たものは、何が何であろうと流石(さすが)にみな、美しかった>  然し、高い望楼にいると、楽しいことばかりとは限らぬ。暗黒の世界から何という気味の悪い恐怖が襲ってくることか。> これはゲーテが死の前年に、即ち、1831年に書いたものである。

     *Zum Sehen geboren,   Zum Schauen bestellt,... Ihr glucklichen  Augen ,  Was je  ihr  gesehen  , Es sei,  wie es  wolle,    Es war doch  so schon !.

      ---Lynkeus der Trumer.   in: Tiefe Nacht --  Aus: Faust , Der Tragodie  2. Theil,  5.  Akt    Goethe  Gesamtl. Ausgabe  9.    dtv.  S.327.    

*これは主に、レクラム版「黒いガレー船」のW. ハウスマン、W.Haussmann による<あとがき>Nachwort  に基づいて纏めてみたものである。

 W.Raabe, Die schwarze Galeere, Reclam. 1984

  *他に参照した主な文献

 * W. Raabe ; Die Akten des Vogelsangs, dtv.  1981.

  * W. Raabe ; Samtliche Werke, Band Ⅰ.Braunschweiger Ausgabe,

  Vandenhoeck und Ruprecht in Gottingen. 1965. 

* Die Chronik der Sperlingsgasse. 

   * W. Raabe ; Samtliche Werke , Band 6. Braunschweiger Ausgabe, 1966.

 * Der Hungerpastor

  * Kurt  Rothmann ; Kleine Geschichte der dt. Literatur.   Reclam  1985.

  * W. Raabe ; Stopfkuchen, mit Materialien,  

                        E. Klett Verlag. 1985.

  *「ドイツ文学史東大出版会石井不二雄・他著1977.

     13.・・1848~1870. <リアリズムの文学の時代>  

   14. ・・1871~ 1889. <ラーベ>

*「ドイツの世紀末」Ⅳ.  ベルリン 国書刊行会、1986..

    *最後に、<注>に関しては、新潮版「世界文学小辞典」を

                  参照した。

  *Die Biographie eines Dichters:     Der Weg zum Lachen 

   -Die kurze Biographie W.  Raabes. ; von

                                MASAHIRO NATSUME  .           

     *"Altershausen " :  Am Anfang dieses Werkes, ;

"Uberstanden !"---Der das sagte, lag in seinem Bette ,und nach dem Licht auf dem Fenster-Vorhang zu urteilen, musste die Sonne eines neuen Tages bereits ziemlich hoch am Himmel stehen .Es war dem befreienden Seufzerwort ein langeres  Zusammensuchen , erst der korperlichen Gliedermassen, sodann der noch   vorhandenen geistigen Fahigkeiten voraufgegangen .Beides nicht ,ohne dass es, wie die Kinder sagen : wehe getan hatte...

 Das Alter spricht oft der Kindheit ein Wort nach,weil es von Natur kein besseres weiss und, wenn es im Laufe der Jahre danach gesucht haben sollte , keins gefunden hat. man braucht sich nicht immer an einer Tischecke gestossen haben, es kann einem auch sein 70. Geburtstag freundschaftlichst, ehrenvoll- feierlichst begangen worden sein.

 Man schrieb den 24. August , an welchem Datum im Jahr 79. nach unseres Herrn und Erlosers  Geburt Herkulanum und Pompeji verschuttet worden waren, und an dem im Jahr 1572. der heilige Bartholomaus im himmlischen Ehrensaal in kopfschuttelnder Betrachtung vor dem Glas-schrank mit seiner Erdenhaus stand, brummte:....

     *聖バルトロメーウス蔡の夜・・1572年 8月24日。

                                      (新教徒殺戮)

*ポンペイ・・79年にベスビオス火山噴火で埋没した

                              古代都市。