読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*抒情詩において 抜きんでていた詩人 メーリケ解明 ⑵

 

*ゲーテ以降で、その多様性と独創性で、メーリケほど抒情詩において抜きんでた詩人は、そう多くは見当たらないのだが、彼の生涯は決して、耀いていたのではなかった。寧ろ、憂慮に富んだものであったのだ。--zB./弟の死、姉の衰弱、別の弟カールの政治活動による拘禁、また、婚約者との絶縁、母の死、更には、彼の健康の衰えなど。usw.                

 *メーリケは1804年、医師の子としてルードヴィッヒスブルクで生まれ、幼年時代は姉たちに囲まれて幸せな暮らしをしていたが、13歳の時、父親が亡くなると、シュトゥットガルトの親戚にあずけられ、神学校に通った。彼はその後、牧師の娘、ルイーゼ・ラウと婚約したこともあり、その1829年から 33年の4年間に交わされた一連の愛の書簡は純粋なる愛に満ちているが、周囲の理解が得られずに破談に終わっていたのである。