HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*「プラハへの旅路のモーツァルト」: メーリケ解明 

 

        1834年30歳の時、ヴァインベルク近郊の牧師になったメーリケは母や姉のクララを呼び寄せ、そこでの9年間を生涯で最も幸せに暮らした。が、1841年に母が亡くなると彼自身も病気がちになるや40代で年金生活者となっていた。

     その後、1850年46歳の時、シュトゥットガルトの純潔カタリン派の女子高に国語の教師として(*とはつまり、ドイツ文学教師)教職につくと、晩婚ではあったが結婚に恵まれ(*相手の女性は或る士官未亡人の娘で12歳年下の妹の友人でもある)、二人の娘を授かったものの幸せではなかった。というのも、40代にして短篇の「プラハへの旅路のモーツァルト」、並びに「シュトゥットガルトのの皺(しわ)くちゃな小人」

Das Stuttgarter Hutzel-Mannleinを上梓したものの、詩才は益々、枯渇し其れがもとでメランコリーに陥ると、1866年62歳の時に教職から身を引き、また何度も転居を繰り返すや、竟には69歳の時に離婚していたからである。    

f:id:zkttne38737:20200121160428j:plain