読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*御復活前の七旬節の日曜日  ランゲッサー

E.ランゲッサー詩 & 短編選

 

人類は ふかきこころを 抱いて 待ち望む

すべての 石からさえ 血のにじむ 孤独のふちの 悲しみから

そが 肉体は 樹木や 動物にも 朋友とならんことを 望み

溢るる愁ひの 呪縛から みずからを 解き放つ

噫 愁ひに満ちた 苦悩よ !..

清水や 棕櫚の樹や 繁みに向ひ 

愛の エクスタシーのなかで 腕を大きく 拡げ

魅力ある 生き物として 原罪の 苦しみから

自然のままの 香を 味わふ

 されど エデンの園にて 呪ひから 枝枝の 生長は萎え

繁茂も叶わず 樹液が巡り 発芽しても 実はならず

噫 もはや 夕闇せまる 暗闇に 主は 姿も見せず

生きる術(すべ)なき ありさ

*Aus: E. Langgasser  Gedichte

   Sonntag Septua-gesima (Ostern)  In; Der Wendekreis des Lammes

          「仔羊の回帰線」 拙訳より

Claassen Vlg. 1959   ebd. S.44..