読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* 御復活祭前の第五旬節の日曜日 ランゲッサー

 

   Sonntag Quinqua-gesima

人は 同朋(はらから) ともに生き

傷(いた)みも 情熱も ともに 分かちあひ

さながら 灼熱の 地獄のなかで

泪を流すは 熱く たゆまず こころを

ひとつにしようと 願ひしからか 

 噫 されど 悲しきかな!.. 目の前は

闇のように 壁に閉ざされ

鷲のように 高く 飛翔しても

憧憬は この世の園に とどまりぬ

そこは 民たちの 酔ひしれた 園のままに

いつしか 神の下から 離れ 流浪し 留まりしところ 

          おお なんと 無慈悲なことか !..

         いま みずからを 貪欲なまでに 憎まねばならぬとは

         民には 主は おはします けれども

        民は 見捨てられたまま いつの日か

        民が 罪に気づき 歯を食ひしばり 悔悛するまでは

* E. ランゲッサー 「仔羊の回帰線」        拙訳より

 E. Langgasser: Gedichte  ebd. S.44f.. Claassen Vlg. 1959...