読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*第二の青春 マリアンネ 「西東詩集」覚え書き ⑤

 

ゲーテ晩年になった「西東詩集」の萌芽として、新たな恋愛対象として出逢ったマリアンネ・フォン・ヴィレマーがいる。このマリアンネはズライカとして「西東詩集」に重要な形姿として現われてくる。つまり、そこには最後の恋愛体験としてのマリアンネ体験によって、ゲーテに所謂、第二の青春の自覚がみられるからである。ゲーテにとってこれを契機に、また新たな感覚的充実感や新鮮に溢れ出る創造力や陶酔からくる生の歓びが芽生えた。そして、そこからズライカ詩が生まれてくるのだが、とはいえ、第二の青春は固より、第一のそれではない。ゲーテ自身が65歳の晩年でもあり、いや、そればかりからではなく、30歳になっていたフランクフルトの銀行家夫人・マリアンネも若々しいとはいえ、こころも精神もすでに円熟し、甘いも酸いも心得た婦人だったからである。>>>ゲーテはそのようなマリアンネに、湧きいずる詩的空想を比喩を駆使し、形象の充実をもって感謝をささげうたった。 

 愛をかさね 時をかさね   言葉をかさね 眼差しをかさね  

 まことの限りの 口づけをかさね   息をかさね 幸をかさね 

 こうして 夕べがすぎ 朝がすぎゆく  それでも あなたは 

わたしの歌に 隠された 愁ひを 感じ取ることでしょう 

  ユスフの魅力を わたしは 借りたい   

あなたの 美しさに  ふさわしく あるために

            **  「ズライカの書」より     Buch Suleika  

*ユスフJussuph・・聖書のヨセフで、彼とズライカの愛は12世紀ペルシアの詩人ジャーミの叙事詩に歌われている。