HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*比喩としての銀杏の葉:「西東詩集」より

 

83年という長い星霜の、その大半を休むことなく精力的に活動しつづけたゲーテだが、ゲーテの晩年(65歳)の詩に、銀杏をうたった一篇がある。

約250篇からなる「西東詩集」West-ostlicher Divan のなかの一篇で、こんな詩である。

東方の国からはるばる わが庭に 

移植された銀杏よ

その銀杏の葉には わが心を喜ばす 

ふかい味わいがある

もともと一枚の葉が 

ふたつにわかれたもの

そして この二枚の葉が 

たがひに寄り添ひ 

    結びあったのだ 

このように思っていると 

この葉のもつ意味が 

        得心できる:

わたしが一枚でありながら 

 あなたと固く結ばれた  

二枚の葉になっているからだ 

      ***

 この詩的空想は固より、比喩であり寓意的なものだが、ズライカの書で、謂わば第二の青春ともいえる心情を、東洋的な世界とめぐりあひうたったものである。

因みに、この期の恋人の名はフランクフルトの銀行家の妻で、30歳のマリアンネ・ヴィレマーだが、彼女は若く、感覚的な息吹に満ち、すでに甘いも酸っぱいも心得ていた夫人だったのである。    

Ginkgo Biloba ;

Aus: Goethe Samtliche Werke  Ⅱ-1-1..

 Divan Jahre ,1814-  19

  Hanser Vlg. S.118f....