HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*ディオゲネスに関する逸話 アネクドーテ   クライスト奇談集 より

 

古代ギリシアの哲学者として知られるディオゲネスは、ある時、尋ねられた。

「死後に埋葬されたいところは、どんなところでしょうか・・」

すると、彼が答えて云うには、「野原の真ん中でよかろう」

「えっ!..なんですって?..」と誰かが言った。

「えっ、それでは鳥や野獣の餌食になってしまうではありませんか・・」

「ならばじゃ、傍らにステッキでも置いておくがよかろう・・・。それでことは足りる・・」彼が言うと、

「どういうことでしょうか?..」とまた、誰かが云った。

「わからんかのう。それさえあれば、追い払うことができるじゃろうが、鳥が来ようと、野獣が来ようと・・」

「追い払うですって?..どのようにしてですか?..」とまた、別の声がした。

「死んでいるのに、それに感覚もなくなっているのに、そんなことはありえませんでしょうに・・」

「ならば云うが、鳥や獣が来て、このわしの死骸を食べようが食べまいが、なんら痛くも痒くも、まして、苦痛などありえまい」

   ***  拙訳より

*H. von Kleist: Diogenes

Samtliche Werke, Hanser Verlag. ebd. S.284f...

*ディオゲネスは「著名な哲学者たちの生活と意見」という奇書の著者として有名。これは10巻よりなり、真偽かまわず、逸話や名文句を収集したことで価値があるといわれる。