HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*早呑み込みで お前たちは・・:

 

2. 城の中庭 Innerer Burghof

9127-- 9573   :

 この場面の冒頭、9127- 91は、やはり、古代ギリシア悲劇の無韻の音韻形式で書かれている。すなわち、ヤンブス・抑揚・短長格のトリメーター・3音格詩である。そして、これは合唱隊、あるいは、合唱隊を指揮する女とヘレナの対話となっている箇所で、それはまた、場面全体も貫いているのである。

  9127~ 34. 合唱を指揮する女:--

早呑み込みで お前たちは まったく 間抜け 

  愚かな おなごだわね!..

.目先のことばかり 囚われる 

幸や不幸 風の向きで どうにでもなる 

落ち着きのない 堪え性(こらえしょう)のない

 おなご なのかしら・・

目先のことに 囚われて

何かというと 喰ってかかる 

すると 寄ってたかって そんな仲間を

皆で 叩くのだわ やれ  嬉しいの やれ

悲しいのと 大声で 笑ったり 泣いたり

そんなときだけ 不思議と 調子があうのね 

もう お黙り お妃さまが 気高き心で 

どうお決めになるか 待つのです・・

Vorschnell und tharicht ,acht wahrhaftes Weibsgebild !

  Vom Augenblick abhangig, Spiel der Witterung,

 Des Glucks und Unglucks, keins von beiden

   Wisst ihr je stets..