HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* 四人来て 三人帰ったな: 「ファウスト」第二部 第五幕 真夜中より

 

  真夜中に四人の灰色の女が来て、ファウストの棲む宮殿から、第一の女《不足》Mangel、第二の女《罪》Schuld、そして第四の女《苦しみ》Nothの三人は、受け入れてくれないと観念して去ったあと、鍵穴から そっと入り、残ったのは第三の女《憂い》Sorgeである。

      ・11398行 :ファウスト:    Im Pallast 

 四人来て 三人帰った  話の意味は よく聞き取れなかったが 余韻のように ノートNoth(苦しみ)  という言葉は 耳に残っている そして そこに  押韻するように 陰気に 聞こえたのは  確か トート Tod(死) という 言葉だった  それはともかく 虚ろで 妖怪じみた にぶい声には違いなかった おれは まだ 自由な世界に 到達できたとは 思ってはおらぬ だが ただ 行く道から 魔法は遠ざけ 呪文は御法度にしたいだけだ そして 自然の中で 人間として立ち 生きがいとは何か 感じたい。おれは これまで 暗い魔法に足を踏み入れたり 冒瀆にも 身も世も 言葉で呪ったりしてきた だが 今は どうしたら 解脱できるか分からぬが 一日だけでもいい 昼には 晴れやかな 微笑みを抱き 夜には 虚妄の網から 抜け出せることが できればと思う  しかし 事実は 裏腹に 早春の野を 楽し気に 見て帰っても 鳥が啼けば キョウ 凶と聞こえる  そんな風だから  明けても暮れても 迷信に付きまとわれ 怪しい蔭や そんな兆しに 

怯えてばかりだ

・・うぬ 門が かたりと 音をたてたな 誰か いるのか?... 

      11421行 : 憂い Die Sorge:

ノーとは 云えないわ 気づかれてしまっては

 ファウスト: 誰だ 

 憂い :とにかく 来てしまった者よ

 ファウスト : さっさと 立ち去れ 用はない

      Vier sah ich kommen, drey nur gehn,

     Den Sinn der  Rede  konnt' ich nicht verstehn, 

      Es klang so nach  als hiesse es  Noth 

      Ein dustres Reimwort folgte  <Tod>.

      Es tonte hohl, gespensterhaft, gedampft,

Noch hab ich mich ins Freye nicht gekampt.

Konnt ich Magie von meinem  Pfad entfernen

Die Zauber-Spruche ganz und gar verlernen..~11406..

     ファウスト」 第二部第五幕 真夜中