HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* ゲーテ 「ファウスト」 真夜中 承前

 

 Entferne dich :さっさと 立ち去ることだな 用はない (Faust)

 Ich bin am rechten Ort:  いいえ 居させてもらうわ 此処に                                                     Die Sorge

ファウスト: (始めは 怒りが込み上げてきたが、やがて、気を静めて) ならば 呪文は 金輪際 口にせぬことだ

憂い:    わたしの声は 耳からではないわ 直に こころに 響くのよ これまで 姿を 代えては   人を 怖らせてきたものよ     わたしには 不安が いつも 付き纏っているものだから 何処にいても 捜してくれる 者好きは いないけれど 見つかるのも 簡単なのよ まして 呪われたりもするけど 世辞も 云われたりするわ あなたには 憂いなど 無縁だったとでも 云いたいのかしら     ~11432行

 Stets gefunden ,nie gesucht

  So geschmeichelt  ,wie verflucht.

Hast du Die Sorge nie gekannt ?.......