HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* 韻律学 Metrik ゲーテ「ファウスト」 第二部 第一幕 より

 

・4728~5064行 :

 この箇所は対話形式の韻文で書かれ、4-5の揚音・強音が自由に、あるいは、相互に繰り返されていく。。

*4955行 ~ : 皇帝の 玉座の間にて:

天文博士 :Astrolog 、(但し、メフィストフェレスも小声で同じ言葉を後から繰り返し、しゃべっている。)

 おしなべて 太陽が 純金と いたしますれば 

水星・メルクーアは そのお使い役にて 寵愛と 給金を 当てにして 働き

金星夫人・ヴェーヌスは 誰彼となく 周りのものを 惑わし

朝な 夕な 色目を 送っているので ございます

また 月・ルナは まだ 情けなど知らぬ 我儘な 小娘でして

軍神の 火星・マルスは その威力で 脅かしますが

木星・ジュピターは それは 美しいもので ございます

ですが 土星・ザトゥルンは 馬鹿でかい とは申せ 遠くに 見えますゆゑ 小さいものでして 目方は 重くも 値打ちは 軽いのと 同様なので ございます

ですから もとより 太陽神・ゾルに 月姫・ルナが 寄り添えば 金と銀とが 並びますゆゑ 

世界は この上なく 明るく 陽気になり

こうなりますれば 手に入らぬものなど ありますまい・・・

          ***

4971行 ~:

*Kaiser :  皇帝

なにやら 云っている言葉が 二度づつ 聞こえてくるが

されど 納得は できかねる・・

*その場に 居合わせた者の 呟き :Gemurmel

それが どうだって いうの 戯言に 黴が ついたようね

まるで 暦売りの 口上か 錬金術師の 口真似そっくり

これまで 何度 聞かされたことか そして そのたびに 何度 騙されてきたことか あれもまた まやかし者に 違いないのさ

   ***  

Die Sonne selbst, sie ist ein lautres Gold,

Merkur, der Bote, dient um Gunst und Sold,

Frau Venus hat's euch allen angethan.

So fruh als spat blickt sie euch lieblich an;

Die keusche Luna launet grillenhaft,

Mars, trifft er nicht , so draut euch seine Kraft.

Und Jupiter bleibt doch der schonste Schein,.~4961..