読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*ケンタウルス族の賢者・フィロン: 「ファウスト」第二部第二幕 より

 

・ヒロンは半人半馬の怪物であるケンタウルス族の賢者であり、野蛮で粗暴な一族の中で例外的な存在である。

*7331行 ~:  ファウストとヒロンのここでの対話も脚韻を踏み書かれている。   Dialog im Sprechvers: 

ヒロン:  何じゃ、何ごとじゃな

ファウスト: 馬をお止めください

ヒロン: いや、とまらぬ

ファウスト: では 一緒に お連れください

ヒロン : それなら 背に乗るがよい そうすれば 訊きたいことも 聴ける 何処へ 行く気じゃと この川岸に 佇んでいたお前を 向こう岸に 渡してやってもよい

ファウスト; 何処へでも  お供します 終生 御恩は忘れません あなたは 偉大な人 そして 気高き 教育者ですから  あなたが 教育された 英雄は 数限りないですし あなたの名声は  隈なく轟いています アルゴー船に 乗り組んでいた あの高邁な 勇士たちも 詩に歌われている 優れた人も みな あなたが お育てに なった 人たちなのですから ・・

ヒロン : 今さら なにを申す メントルの姿で 教育を施した パラスでさえ 名誉は受けてはおらぬ 結局 弟子たるものは

自分流儀で 邁進していくしかないのじゃよ 育てられて 傑出した人物に なるわけではないのだ・・

            《 以上 ; ~7344行 》

  Selbst Pallas kommt als Mentor nicht zu Ehren :

       Am Ende treiben sie's nach ihrer Weise fort

       Als wenn sie nicht erzogen wären......  .7342-7344..

         *** Fortsetzung   つづく