HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* ディオティーマよ!...何処に?・: ヘルダーリン「ヒューペリオン」より

 

1770年生まれのヘルダーリンは、シラーとの交友もあったドイツの純粋な魂の詩人で、73年の全生涯の後半生、30数年を精神の闇に暮らした悲痛な詩人でもあったのだが、彼の評価は高い。

その彼の唯一完成した散文作品に、手紙形式で書かれた「ヒューペリオン」がある。その中の一節から。: 

 

  「ディオティーマ!..」とわたしは叫んだ。

「あなたは何処に?...」

 ある時、遠く野に出て座っていた。それは泉のほとり、緑の蔦の纏わる岩と、垂れかかる花の咲く木陰だった。このように美しい真昼時は、まだ見たこともないものだった。そよ風が香しく頬を撫で、朝のさわやかさを残して田園は輝いていた。そして陽の光は故郷の大気の中を無言で微笑んでいた。

 そんな中、愛は春と共生していた。云うに言われぬ憧憬が、胸を切なく占めた。

「ディオティーマよ、いずこに?...」わたしが叫ぶと、そのときディオティーマの声が聞こえてくる気がした。嘗ては、歓びの日々に心を燃え立たせてくれたあの美しき声が、胸に迫ってくる。      

*** Holderlin ,  Hyperion