HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* トルストイの「アンナ・カレーニナ」 第一部 

 

 「幸福な家庭は、みな似通っているが、不幸な家庭は不幸な様相もさまざまである。」

アンナ・カレーニナ」のこの冒頭部は、よく知られた一節だが、この長編の第一部の11には、ハイネのこんな詩の一節も挿入されている。: 

  抑えられない この世の欲情に 打ち勝てたら

  どんなに 救われることか だが

  たとい 叶わぬくとも 歓びは

  ひとしお 残るものなのだ

        *

「だけど、一体、どういうことだね」

オブロンスキーは苦笑した。レーヴィンの心の中で行われていることが彼には分っていた。

「つまり、こういうわけだ。仮にきみが結婚しているとする。きみはもちろん、妻を愛している。ところが、ほかの女に惹かれることだってあるだろう」

「わるいが、ぼくはどうしても、分からぬのだよ。だって、今みたいに腹が満腹しているのに、パン屋の前を通りかかった瞬間、ちょいとひとつ失敬するようなものぢゃないか。ぼくにはそれが分からんな。」

オブロンスキーの目がこのとき、いつもよりきらきらと輝いていた。

「どうしてさ。パンだってきみ、ときには随分といい香りがして、堪らなく手に取ってみたくなることがあるじゃないかね」

    **

      因みに、この詩の一節はヨハン・シュトラウスの有名なオペレッタ「蝙蝠」のなかでも使われている。

 

 Himmlisch ist's ,  wenn ich bezwungen

   Meine irdische  Begier ;

    Aber noch wenn's nicht gelungen,

   Hatt' ich auch  recht hubsch Plaisir !...