HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* デュレンマットの「貴婦人、故郷に帰る」:

  

「貴婦人、故郷に帰る」はこんな内容である。:主人公のクララ・ヴェッシャーは若いころ、イルから誘惑され貞操を弄ばれ、娼婦と誹謗を受ける。が、世界で最も富んだ婦人となった。その彼女は62歳になると身体的には衰えてきたものの、滑稽なほどめかしこみ生まれ故郷を訪れる。この折り、彼女は既にグュルレン市の産業と商業を代理人を通して内密に買い占めるや、停止状態におとしめていた。かくして、貧窮に喘ぐ市民は富裕のクレール、とはつまり名前を変えたクララだが、彼女が自らが育った市に救いの手を差し伸べてくれるものと信じていた。が、クレールこそ市の経済困窮の首謀者とは知らない。彼女は市の建て直しに金銭の援助を求められると、その代償として、以前の誘惑者で裏切られた商人のイルに恥辱を加え殺害すれば、市を元の健全な状態に戻すというのである。何故なら、人道こそ、とクレールは云うのである。人道こそ大富豪の取引には相応しく、私の財力をもってすれば市の秩序は必ず回復し確立できる。そして、世間は私を娼婦として蔑んだが、今度は市と世間を娼家としてみせしめるのだ。景気回復にはギュルレル市に復讐をもってするしかない。これを聞いた市長は憤激し拒絶したが、止むにやまれず受け入れざるを得なくなると、畢竟、全体の安寧と繁栄のために正義の実現という口実の下に、連帯責任で決断してしまう。その際、富豪の貴婦イルには、固より、罪の意識と贖罪の用意が芽生えてきていたのは云うまでもないが、どうすることもできなかった。

この悲喜劇は最後にコーラスで、イルの大胆さを或る意味で勇敢な行為として、イロニーとして是認しているのである。

  ***

*この悲喜劇は《正義もまた、相対的なもの》という一種のパロディー作品ではある。

Aus: K.Rothmann . Die dt.sprachige Schriftsteller seit 1945

   Reclam  ebd. S. 116ff...

Durrenmatt デュレンマット :1921 -  90. 享年69歳。

   スイスの劇作家

Der Besuch der alten Dame ,tratgische Komodie  1956.