HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* 詩への懸け橋 :散文選 より

* トルストイの「アンナ・カレーニナ」: 第一部 

「幸福な家庭は似通っているが、不幸な家庭はその様相はさまざまである。」 「アンナ・カレーニナ」のこの冒頭部は、よく知られた一節だが、この長編の第一部の11には、ハイネの詩の一節も挿入されている。: 抑えがたき この世の欲情に打ち勝てば どんなに救…

* 滑稽歌劇 :「赤と黒」 より

'おお 春四月 定かならぬ輝き 恋愛も これに似て 陽の輝きに あふるるも やがて次第に 雲はすべて奪い去り・・ ' シェイクスピア 第一部第十九章 導入部より *** もし革命が勃発したら、どうしてジュリアン・ソレルがロラン(フランス革命時代の政治家)の役割…

* 半獣神風: 異才の詩人 デーメル:

俄に 広間は会衆で一杯になった。いよいよデーメルが現れた。すると彼は檀の真ん中に進んで無造作に一礼すると、すぐ朗読を始めた。彼は熱情に満ち屈強で、また宣教師風でもあり、更には半獣神風で異彩を放っていた。 しかし今や詩が可視的なものへの関心か…

* 美貌と才知 :「赤と黒」より

彼女はバッソンピエール時代のフランスにあった英雄的な感情にしか恋愛という名をあたえなかった。...... * 因みに、バッソンピエール(1579-1646)は、元帥にして外交官だが、ホフマンスタールの短編「バッソンピエール奇譚」(アバンチュール)でもよく知られ…

* ホラティウスの言葉 より

古代ローマの詩人ホラティウス・Horatius (B.C.65-B.C.8)の言葉に、こんなのがある。: nil mirari.....その意味は、決して、心を動かすことなかれ、というのだが、これはドイツ語では、Sei gefuhllos,となろうか。 因みに、これはゲーテの詩の一節に見える …

*デーメルの朗誦会:カロッサ「美しき惑いの年」より

刺激に追い立てられている大都会人の耳には、朗読会でのデーメルの朗誦は耳慣れぬものであった。然し、参会者の何人もこの卓越した人物の呪縛から抜け出ることはできなかった。 新たな伝達様式を、熱烈で誠実な奮闘から感じないわけにはいかなかった。そして…

* ヘッセ「ペーター・カーメンツィント」: 青春彷徨 第七章から 

高き空に浮かぶ 白雲のごと 美わしくも遠きなるかな エリーザベトよ !.. 白雲は万里をさすらひ そを汝れは見ずとも 今宵も闇夜なれば夢に見つらん 輝ける汝がすがた!... 白雲の行方を恋ふるがごと 憧がれ慕ふ... 汝れを想ひえがきし郷愁!.. *** 以前から、ボ…