HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*3歳のブリキの太鼓奏者オスカル:G.グラスより

 

 ・ぼくは太鼓にしがみつき3歳の誕生日以降、1センチも生長しなかった。ぼくは三歳児のままだったが、3倍賢い子供だった。つまり大人より背は低いが大人を凌駕していた。・・

  そのころ僕はいかなる場合にも政治家にはならない、まして食料品店主にはならないと決めていた。現状でいいと・・。

  小さな人と大きな人、小さな海峡と大きな海峡、ダヴィデとゴリアテ一寸法師と巨人、・・ぼくはいつまでも三歳児であり小人であり、背の伸びないままであった。

だが、ここへきてオスカルも発育を認めざるを得ない。いくらか生長したのだ。しかし今日、大人の誰が永遠に三歳児のブリキの太鼓奏者オスカルに対して耳目を驚かしたであろう。

  ギュンター・グラスブリキの太鼓」第一部より