HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*《オタの谷》:モーパッサン「女の一生」より

 

 創造は すべてのものの 胚芽を 内に含み

花や果実は 樹の枝につき 生育する

思想と生命も また 同じ:

創造の 懐に抱かれて 育っていく

  ***

 彼にとって生殖とは、普遍的な自然の大法則に他ならない。それは神聖で犯さざるべき崇高な行為なのである。 それ故、これによって世界に遍在する《存在》の不変の意志が実現されていくのだ。

 生命の迫害者である不寛容なこの田舎司祭はそれ故、自然の法則を踏みにじっており、人間味にまるっきりかけているとジャンヌの父親は白い長髪を振りたてながら大声で云うのであった。ジャンヌは傍でそれを嘆き悲しみ、主に祈り、やめてくれるよう父親に哀願した。

片や、司祭と云えば、偶然夫のジュリアンとジルベルトとの不倫を知ると、或る日、ジャンヌに会いにきた。そしてあなた自身の家庭に潜んでいる悪と戦い、これを打ち破って危険に瀕している二つの魂を救いたいというのであった。

  ***モーパッサン女の一生」より