HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*A.マルロー:「王道」より

 

「いや違う」とぺルケンは云った。

「あっちの女だ」

《サディストかな、この人》とクロードは思った。

噂によると、ペルケンはシャム政府の依頼で未帰属部族のもとに派遣されたとか、ビルマ東部のシャン高原地方やラオス辺境地方の統合にのりだしたとか、バンコク政府との関係は奇妙なもので、ある時は友好的かと思えば、ある時は険悪であるとか、最近では聊かの批判も受け付けぬ支配への情熱、力への情熱が見受けられるとか、その彼にも衰えが見えてきているとか、更には、色好みになっているとか言われていた。しかし、この船の上では自分から抑制していなければ女たちに取り囲まれていたに違いないのだ。

《何かがある。けれども、サディズムといったものじゃない》

ペルケンはデッキチェアーの背に頭を持たせかけると、残忍な執政官の仮面が明るい光の中に顕れ、目のくぼみと鼻の影との明暗を際立たせていた。煙草の煙がまっすぐに立ち上り、濃い闇に消えていった。・・・

 ***  A. Malraux 「王道」 より

クロード: フランス政府から派遣され、クメール遺跡の発掘を企てている26歳の青年。

ペルケン: ドイツ人らしき伝説に取り囲まれた男で、シャム政府の依頼で、未帰属部族の統合に乗り出したこともある。幾多の酋長とも親しく、クロードの計画に心を寄せている。