HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*その日を掴め: ソール・ベローより

 

「・・ 私の友人が綿花について秘密の情報を流してくれたな。わたしは勿論、そいつをごっそり買ったよ。電話での買い付けで すると綿花の積み荷が、まだ海にあるうちに価格が三倍に高騰し世界の綿花市場がてんやわんやになる。するとこの船荷の荷主は誰かと云うことになった。無論、わたしだったのだが、わたしは信用調査されるや、ただの医者にすぎないのが分かると、取引はキャンセルだ。だが、これは不法行為なのさ。だから勿論、訴訟をしてやった。・・・」

 

「われわれ科学者は、なあ、ウィルヘルムくん、不合理と思える罪の意識について語るものだよ。」とタムキン博士は云った。「だが、そういう状況になれば、金銭問題から危害をそいつに加えたくなる。・・money(金銭)とmurder(殺し)は同じMから始まっているじゃないか。machinery(機械装置)、それにmischief(危害も)・・」

するとウィルヘルムは思いついたように云った。

「mercy(慈悲)というのもありますよ。 "人情と云う甘いmilk"という"マクベス"か何かに出てくるものもね・・」

「まあ、これで一つの事実がはっきりするだろう。つまり、金儲けは攻撃に他ならない。それがすべてだ、ウィルヘルムくん」

   *Saul Bellow:  Seize the Day!..

 

・ウィルヘルムの父親は元内科医で、今は隠退しているが、かなりの資産家。だが、息子の生き方に不満で経済的援助は断っている。

一方、ウィルヘルムは成功を求めつつも、ことごとくうまくいかず、失業しつつ、離婚調停中の妻子の生活費のために、金銭上でも起死回生を目論んでいる。

そして その彼に商品相場に誘い、投資するように仕向け、彼を経済的破綻に追い込むのはタムキン博士、自称 心理学者である。