HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*気高き船よ:「酔いどれ草の仲買人」より

 

気高き船よ 甲板より 船首船尾に至るまで

 ホメロスの ギリシア人が

東のトロイアに渡りし船の姿に似て

今 われらをメリーランドの岸辺に 運びゆく

    *

  文学は、人生の単純素朴な態度を修正してくれ、人生はただ一つと思い込んでいる固定観念から、人を解放してくれはする。けれども、実際問題の解決策は偶然にしか与えられず。

 では、文学も無力だとすれば、後に何があるか。

英国の桂冠詩人 エベニーザー・クックはおのれの気持ちをそのまま船に呼びかけた。

彼はわが身を悉くミューズ・詩神に委ね、四行詩の形式を捨て、叙情詩に相応しい長さに改めながら書いていった。

 

 船長は 海神(わだつみ)にも似て

舵の辺(ほとり)を 悠揚と行きつ戻りつ

大空に向かい 声を張り上げ 指図を仰ぐ 

空高き帆柱の 頂に留まりたる船乗りは

帆を拡げつ 畳みつ 風を捕らえ

疾風(はやて)を巧みに 躱(かわ)しゆく

おお 海の男よ 

海神ポセイドンの息子たる輩(ともがら)よ

猛りしアトランティスの 大海原を ものともせず

風に 敢然と抗(あらが)い 荒浪を乗り越えてゆく

 強者(つわもの)に 幸あれ

 麗しのアルビオン(英国)の誇りなれば

   ***

 白昼夢を見ているような想いのエベニーザーの目には、空には光が溢れ、  東風が爽やかに、  燦(きら)めく海には白波が立ち、パイプの煙草の火は風に煽られるたびに色を変えていた。・・・

  *** John Barth : The sot-weed Factor より