読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*「ヤーコプについての推測」  ヨーンゾンより

 

1934年、現ポーランド領のカミンに生まれたウーベ・ヨーンゾンのデヴュー作となった「ヤーコプについての推測」はこんな内容である。;

1956年11月の或る日、霧の中で28歳の鉄道保安員ヤーコプ・アプスはドレスデン駅のプラットフォームで機関車に轢かれた。すると、推測はこんなふうであった。: これは果たして、自殺か。単なる事故か。それとも、政治的な清算か。 しかし、友人や知人らの会話やモノローク、また、語り手の推察にも拘わらず、解決は与えられなく、子細な吟味や検討が続けられていく。即ち、組織内、オルグの紛争が彼の日常にどれくらい影響を及ぼしていたか、ということ。こうして、彼を養育してくれた姉のゲズィーネは西部へ行く。するとナトーNATOで通訳官となって国家保全に勤務するR.氏は彼女を乳母アプス夫人に関するスパイとして徴募しようとした。ところが、アプス夫人は西へ逃亡するように移ってしまう。

 元来、ヤコプは非政治的であり、日常の仕事に没入してきた男なのだが、好奇心もあって西へ行ってみた。そして、悟る。:

 西へ行っても、このおれ異教徒にすぎぬ。そして東に戻っても、所詮は地に足が着いてはいないのだ。 ベルリンの壁崩壊以前の、東西ドイツというものが存在した頃の話だが、この不条理ともいうべき狭間で、彼の選択は畢竟、当時の社会主義体制の中で生きていくしかないと。にも拘らず、彼はロシアがハンガリー暴動を鎮圧しているなか、ドレスデンにもどったその日、みずから死を選んでいたのである。***

*Ube Johnson  Aus: K. Rothmann  Die dt. sprachige Schriftsteller seit 1945. 

       Reclam ebd. S.200ff...       . ロートマン著 より