HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

*カッコウと負傷帰還兵  ランゲッサー短篇 から

 

カッコウが啼いている。その啼き声は、辺りに響きわたり木霊している。すると、その啼き声に目ざめた夫は、かれは負傷帰還兵なのであったが、手足や体を思いきりの伸ばすと、心地よさそうに呻き声をあげた。そして傍らの妻の手をつかもうとした。だが、妻はその手を少し引いた。あたかも、気持ちが少しづつ遠ざかっているように。すると、夫は諦めたように背を向けると、「フィーア(4),...フュンフ(5),...」とカッコウの啼き声を口の中でかぞえはじめていた。それは 義足があとどのくらい月日が経てばくるのかをかぞえているようでもあった。

「ゼックス(6),...ズィーベン(7)...」夫がかぞえていると、妻も背を向けたまま、ツヴェルフ(12),....ドゥライツェーン(13)....」と小さな声で数え始めていた。夫はその声に唱和するように、アハトゥ....,ノイン.....,ツェーン.....、と半ば腹立たしげに数えると数えるのをやめていた。意気がすこしづつ消沈してきたからであった。義足がいつ来るかは皆目、見当もつかなかったからだ。一方の妻は、それに気づかずに、フュンフツェーン(15)......,ゼックスツェーン(16)......,と無頓着に数えていたが、ツヴァンツィッヒと20までくると、そこで数えるのをやめた。とその時だったが、カッコウのオスも啼くのをやめて、甘く誘うような声を二度三度と残すとどこかへ飛び去ってしまったようであった。妻はこのカッコウの啼き声を夫と共にかぞえながらも、その心は別のところにあった。彼女の脳裡では、走馬灯のように、過去の思いが浮かんでは消えていたのだ。初めてダンスホールに誘ってくれたヤコプのこと、もしかして結婚してカナダに渡り移住しようと考えていたエドワードのこと、毛皮獣の農場を所有していて羽振りの良かったカールのこと、銀行員であったエルンストのこと、捕虜として匿ってやったことのあるフランス兵のこと、などなど。・・・彼女は20まで数えながら、過ぎ去った年月を想いおこしていたのである。それはいわば、罪なき罪ともいえるものではあったが、今となっては霧の中に消えて行った過去の想い出深い人への幾分、哀愁を帯びた想いであった。。このように夫は10まで数えて10年という年月を未来に追い求めていたのだが、そこには過去への思いと、未来への思いとの間に、実に30年もの開きがあった。夫婦とは、そして、人生とはこんなふうに、秘かに心を遠ざけ、ちぐはぐな心情をいつの間にか交錯させているものなのである。 

 その朝は涼しかったが、西の方、遙かに嵐があって庭にも大雨を降らせていたのだが、厚い雲に覆われていた上空に、朝焼けが映え渡ると、次第に明るくなってきた。そんな中をカッコウがエコーするように響きわたっていると、その啼き声に応えるように雷も共鳴してなっているのが夫婦の耳にも聞こえてくるのであった。そして時には、稲光も空高くに光り、夫人の瞼にはその都度、過去に親しく関わった面影が浮かんでくるのであった。

    当時、夫は出征中であったが、翌年に野葡萄が庭の垣根になり蜂がぶんぶん集まってくる頃、帰還してきたのである。だが、その彼は不機嫌に歯を食いしばり、腋の下に松葉杖をつき、体を支えていたのだ。夫は右足にひどい負傷を負っていて、もはや靴を履くことはできなくなっていたのだ。夫はいま、いつ来るかわからない義足をしびれを切らして待っていたのである。

「痛みますの、...今日みたいに天気が変わる日には、痛みますのよね、膝が」夫人は一陣の風が突如、吹いてベッドに立てかけてあった松葉づえが音を立てて倒れると、こちらに向き直っていうのだった。夫はすると、黙ったなり首を横に振ると、微かな声で云った。 「いいや、大丈夫だよ・・・」   

               ***           現代ドイツ短篇選 拙訳から

  *E.Langgasser ; Kuckuck Aus ; Torso   

Gesammte Werke . Claassen Vlg. 1964. S.376-381.....