読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HERR*SOMMER-夏目

現代ドイツ作家・詩人の紹介を主に・・・

* 韻律学 Metrik  5. ゲーテ「ファウスト」 第二部 第三幕 「ヘレナ」 より 

 

 *9078- 9121 行 :合唱 より

この箇所も前の合唱部と同じ構成から成り立っている。即ち、1.フォア・シュトローフェと2.シュトローフェ、3.アンチ・シュトローフェ、そして4.エピ・シュトローフェである。

9099行 ~

 3の箇所 から :--

 けれど おや 遠くで   Doch  , aber doch

白鳥の 啼くのが 聞こえるわね  Tonen hor'  ich  sie

白鳥の歌は 死の知らせ というわ  Tonen fern  heiseren Ton !

                  Tod verkundenden sagen sie :

せっかくの 助命の望みが むなしく 消えて

しわがれた あの鳴き声が

終末を 告げているのでないと いいけれど

さながら 白鳥に 似て

美しく 細い首の わたしたちにも

ツォイスの 白鳥が 産ませたという お妃さまも

嗚呼 儚(はかな)く このまま 滅びていくのかしら

9110  ~

周りのものが みな 霧に隠れて しまったわ

もう 顔の区別が わからないくらいよ

いったい どこを 歩いているのかしら

いいえ 歩いているというより 小走りで

滑っているようだわ なにも 見えないんだから

あら 亡き人の 先導をするという 

ヘルメスのあとから 歩いているのかしら

あのヘルメスは 輝く 黄金の杖を 持ち

絶対服従を 強いる 命令で わたしたちを

黒洞々の 冥府へ 連れて行こうと しているかしらね

亡者や 幽霊の 行き交う 

空しい 憂鬱な ハーデスの 世界は まっぴらだわ・・

   ***

*Vgl.

・ツォイス: Zeus  ゼウス  :---レダとの間に、ヘレナとカストルとボルックスの子がいる。

・ヘルメス :Hermes :---      魂を冥府に導く使いの神で、父はツォイス、母はマヤ。

・ハーデス : Hades  :---             ギリシア神話の地下の冥府。    Pluto プルートー

 

 

 

 

 

 

 

*韻律学・Metrik 4.  ゲーテ「ファウスト」 第二部 第三幕 「ヘレナ」より 

 

 * 8882- 9808 行 :合唱部

この箇所は4節よりなり、1.Vor-Strophe 5行と、2.シュトローフェ8行、3.アンチ・シュトローフェ8行、4.Epi-Strophe の6行からなる三和音である。(*因みに、4.のエピ・オーデ Epi-Odeとは、ギリシア劇における末段のことで、オーデを構成するシュトローフェと、それに対するアンチ・シュトローフェとにつづく長短格交互の詩形の終結部である)

8882~

1. お黙り、お黙り Schweige, schweige  !

  いやらしい 目つきで 嫌らしいことを 云うひとね

                    Miss-blickende, missblickende  Du !...

 一本歯の その怖ろしい 口から

 気味悪い 皺だらけの 孔(あな)から

 何ということを 云うの

2. 情けありげに みえる 意地の悪さ

 羊の毛皮を 身に着けた 狼の 剣呑さ

 首が 三つもある 犬の

 ケルベルスの 歯よりも 怖いのね

 そんな 悪だくみの 根深い 下心で

 隙(すき)を 狙(ねら)っている 怖ろしい 正体が

 いつ 何処で どう 襲いかかってくるかと

 びくびくして 聞いていたわ

  Denn der bos-artige wohl-thatig erscheinend,

     Wolfes-Grimm unter schaf-wolligem Vliess

 Mir ist er  weit schrecklicher  als des 

  drey-kopfigen Hundes Rachen .

 Aengstlich lauschend stehn wir da,

Wann ? Wie?  wo?..nur brichts hervor 

Solcher Tucke ......

      *  ...*   ...

 4. お黙り、 お黙り !

 いま 消えてゆきそうな 

 お妃さまの 魂を 取り留めて

 昔から 陽の照らす もとに 生まれた 

 女人のなかで いちばん お美しい あのお姿を

 もうしばらく ここに お留めして おきたいのよ

    ***

Vgl.

*ケルベルス Cerberus : 頭の三つある怖ろしい犬で、地下の冥府の入り口を護る番犬。ギリシア神話

*フォルキアスの娘たち 「ファウスト」 第二部・第三幕 8728- 8748 より

 

・フォルキアスの娘たちの中の 誰なの おまえは

 わたしは おまえを あの醜い姉妹に 比べてみたわ

 嗚  生まれながらの 白髪で 代わるがわる 

 一つ目と 一本歯を 使ったという フォルキアーデンの 
娘たちのひとりなのね おそらく その姿からみて・・ 

 Bist du vielleicht  der grau-gebornen ,

Eines Auges und Eines Zahns

Wechselsweis theilhaftigen ,

Graien eine gekommen ?...  

*8736  ~

 日の神・フェーブスの 誤魔化しの きかない 

 お前のような 不躾の 化け物が

 よくも のこのこ 出てきたものね

それも お妃さまのような お美しい方と 並んで

いいから すぐ 出ておゆき フェーブスの 神聖な目は

影なぞは 見ないものよ まして 醜悪のものときたら

目もくれるはず ないでしょうに・・

・8744 ~:

けれども 死ぬべき 私たち 人間の目は

悲しいけれど 苦痛に 悩まずには いられない

  Doch uns Sterbliche notigt ,ach,

 Leider  trauriges Missgeschick

Zu dem unsaglichen Augen-Schmerz

醜悪きわまりない 忌まわしいものが 美を愛する

わたしたちに およぼす 云うに言われない 苦痛は

人間の 悲しい性(さが)ね .....

Vgl.

フォルキアス ; Phorkyas :  --- ギリシア神話。海神でゴルゴー、  及び、グライエの父。従って、グライエはフォルキアーデンと

     よばれる。

 

 

*韻律学 Metrik 3 ゲーテ「ファウスト」 第二部 第三幕 より (承前)

 

 ・スパルタのメネラス王の 宮殿の前

    Vor dem Pallaste des Menelas zu Sparta

*8697- 8753 行 より

・この合唱部の箇所は、9節からなっていて、1と2はそれぞれ5行づつ、3と4はそれぞれ6行づつ、そして5節目はメソーデといって、中間節となっており、また、6と7節はそれぞれ8行づつ、更に、8と9節はそれぞれ5行づつ、といったように対をなして書かれている

  イリオスの 城壁は まだ 残っていたわ けれども

  渦巻く 火焔は 次々と 近隣に 広がり さらなる

  吹き荒れる 風に 煽られて あちこちで 火焔の町と 

                化していたのよ

      **

   わたしは 紅蓮(ぐれん)の炎と 煙の中を 逃げ惑いながら

   火柱のたつ 家の陰で 憤怒(ふんぬ)の形相(ぎょうそう)

  ものすごい 神々の 巨人のような 怪異の姿を みたのよ

   神々は 大股で 黒煙の中を 走り去って いったわ 

    ***

こんな  終末的世界は いまなお 信じられないほどね 

それとも 実際 あれは わたしを襲った 恐怖だったのかしら

        **

空想なのか 実際なのか 今なお わたしには 

  分からないのよ

    ***

Sah ich's, oder bildete

Mir der angst-umschlungene Geist  

Solches Verworrene ?....sagen kann

Nimmer ich's ;...

*Vgl.

・メネラス Menelas : --スパルタの王で、ヘレナの夫。

・イリオス Ilios :-- トロヤの別名。

*韻律学 Metrik 2. ゲーテ「ファウスト」 より

 

*第二部 第三幕 ヘレナ (承前)

・次の合唱部の歌は、全体がトロケーウス (抑揚・長短格)のリズムで書かれている。

 未来に 起こることは 何も わからないわ

 お妃さま ご安心あそばして お城へ いかれますよう

 よいことも 悪いこととも 予期せぬときに 

   訪れるのです  (8591- 8603 行 から)

     ***

*   8610-  37 行 :

この箇所は、3節よりなり、1.シュトローフェ 2.アンチシュトローフェ 3.エピ・シュトローフェの3和音からなっている。 

 悲しい 囚われの 女たちよ 

あらゆる 苦しみは 遠くへ 投げ捨てて しまうがいいのです 

 長いこと 留守にして ようやく お戻りになり だからこそ

 一層 足を踏みしめ 先祖の家の 竈の前に こころ躍らせて

 近づいてゆかれる お妃さまの お喜びに ともに 

授かりましょう ヘレナさまの お喜びに 

  ともに あやかりましょう 

   Werfet  O  Schwestern , Ihr Traurig Gefangenen ,

 Alle  Schmerzen  ins Weite !....

        *Theilet der Herrin Gluck !.....

              Theilet Helenens  Gluck !!........    

***

神様は 遠い異郷で 悲しんでいらした お妃さまを 見て イリオスの 都の廃墟から 装いも新たになった 古い 先祖の 宮殿へ お連れ戻しに なられたのです 口では 云われぬ 喜びや 嘆きのあと

もう一度 昔の思い出を お偲びに なられるように・・・

    (以上 8619- 37 行 )

 

         

 

*韻律学・Metrik ゲーテ「ファウスト」 第二部 第三幕 より

 

       *スパルタのメネラス王の宮殿の前 

この場面全体は、古代ギリシア悲劇の音韻形式、すなわち、短長・抑揚格(ヤンブス)のトリメーター(3音格詩)でかかれているが、つぎの箇所は短短長・抑抑揚格のアナペストとヤンブスからなる4揚格、あるいは、ときには 2揚格で書かれている。そして、また、ギリシア劇のもどり歌という詩曲の第二句形式、すなわち、シュトローフェStropheとアンチ・シュトローフェAnti-Stropheで書かれている。 

例えば 1. 8516- 23 行の合唱部 より

 どうぞ お妃さまお持ちの 最善のものを 貶しては

            なりませぬ

 いちばん大きな幸せを あなたは ひとりで お受けに

                  なられました 

   美人の誉は なににも優る 尊いもの 

   英雄は 名を轟かし 威張っていても どんな武骨な強者も

 美の力の前では 忽ち 砕かれてしまうのです ・・・

     Verschmahe nicht ,o  herrliche Frau,

                Des hochsten Gutes Ehren-Besitz !.......

 

 

 

*ディオゲネスに関する逸話 アネクドーテ   クライスト奇談集 より

 

古代ギリシアの哲学者として知られるディオゲネスは、ある時、尋ねられた。

「死後に埋葬されたいところは、どんなところでしょうか・・」

すると、彼が答えて云うには、「野原の真ん中でよかろう」

「えっ!..なんですって?..」と誰かが言った。

「えっ、それでは鳥や野獣の餌食になってしまうではありませんか・・」

「ならばじゃ、傍らにステッキでも置いておくがよかろう・・・。それでことは足りる・・」彼が言うと、

「どういうことでしょうか?..」とまた、誰かが云った。

「わからんかのう。それさえあれば、追い払うことができるじゃろうが、鳥が来ようと、野獣が来ようと・・」

「追い払うですって?..どのようにしてですか?..」とまた、別の声がした。

「死んでいるのに、それに感覚もなくなっているのに、そんなことはありえませんでしょうに・・」

「ならば云うが、鳥や獣が来て、このわしの死骸を食べようが食べまいが、なんら痛くも痒くも、まして、苦痛などありえまい」

   ***  拙訳より

*H. von Kleist: Diogenes

Samtliche Werke, Hanser Verlag. ebd. S.284f...

*ディオゲネスは「著名な哲学者たちの生活と意見」という奇書の著者として有名。これは10巻よりなり、真偽かまわず、逸話や名文句を収集したことで価値があるといわれる。